上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
◆ 20分未満の身体介護を見直し  医療機関の訪問看護の報酬アップ 介護給付費分科会

22日に行われた介護給付費分科会では、主に訪問介護と訪問看護の報酬について議論。

訪問介護については、20分未満の身体介護に一定の算定要件を設ける、サービス提供責任者の配置基準の見直し、生活機能向上連携加算の対象を訪問リハビリテーションだけでなく、通所リハビリテーションにも拡大、などが提案されている。

訪問看護については、今後ますます需要は増大するのに提供量が増えてこない現状を鑑み、ステーションより低く設定されている病院・診療所による訪問看護(巷で「みなしの訪問看護」と呼ばれているもの)の本体報酬を引き上げることが提案された。

外来が終わってからなど、看護師の手が空いた時間に訪問に行ってもらえれば、訪問看護のニーズに応えられるし、ステーションと異なり物理的に医師との連携がよりスムーズであることも効果的と考えられる。

ただ、日本看護協会の委員は、「単価をアップすることで訪問看護の人材が流れてくるかというと、そうだとも言い切れない」との見方を示した。

小規模多機能型居宅介護に「訪問体制強化加算」や「看取り介護加算」の新設も提案されている。

2025年以降に「看取り難民」が発生することが推測される現状において、看取りの場をなんとか確保しようとしている国の姿勢が見える。


◆ 新たに保険給付対象に3項目  厚労省・福祉用具検討会

 ・福祉用具貸与の「車いす」の範囲に介助式電動車いすを追加

 ・特定福祉用具販売の「ポータブルトイレ」の範囲に推薦ポータブルトイレを追加

 ・住宅改修の「洋式便座等への便器の取替」の範囲に便器の位置・向きの変更を含める

以上3点を適当とする意見をまとめ、介護給付費分科会に報告する。
スポンサーサイト
2014.10.29 Wed l 最新情報 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pointwebsite.blog6.fc2.com/tb.php/265-9ea2b80f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。