FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
普段は介護保険関連の最新情報や私の考え等をつづっていますが、東北大地震の被害にあわれた方に、遠く離れた地から何もできませんが、何か勇気づけることができたらと思い、しかし、ネットをご覧になることもできない状態でしょうが、余裕ができた時にでもご覧いただけたら幸いです。


まずは、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

そして、家族の行方がまだわからない方、津波等で家が無くなった方、等々、心中お察し申し上げます。


TVで被災された方のインタビューを見ていると、「これからどうして生きていけばいいのか…」という声を聞きます。ほとんどのみなさんがそのように感じておられると思います。家も何も全て失ったわけですから、とても不安になるのは当然かと思います。

16年前に阪神・淡路大震災がありました。あの時は津波の被害こそありませんでしたが、民家等が密集した中で大規模な火災が発生し、同じように町全体が消滅し、同じようにみんな「これからどうして生きていけばいいのか…」と不安にさいなまれたわけです。

でも、たくさんの方の心温まるご支援のおかげで、そして何より被災された方々の「もう一度がんばろう!」という気持ちのおかげで、焼け野原になった神戸の町は元通りに戻りましたよ。

あの時のように支援してくれる方々はたくさんいますよ。
特にそのありがたさを肌で感じられた阪神・淡路大震災の被災者の方は、その恩返しに必ず支援してくれますよ。

だから気持ちを強く持って、もう一度立ち上がる準備をまずは心の中で始めて下さい。



地震から2日後でまだこんな言葉をかける段階ではないと思いますが、これを見る余裕ができた方から読んでいただければ幸いです。

私は、そしてみんなは、みなさんを応援しています。
できることは限られてますが、小さくてもできることをして差し上げたいとみんな思ってます。
あきらめないで下さい。希望は持ち続けて下さい。
スポンサーサイト
2011.03.13 Sun l 個人的見解 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pointwebsite.blog6.fc2.com/tb.php/241-82845997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。