上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

◆ 退院調整加算の見直し・新設
 従来の退院調整加算は慢性期病棟等で評価されており、今回の改定で退院調整の経験を有する専従(専任)の看護師及び専任(専従)の社会福祉士を配置している場合(下記の1)の点数がアップ。
 さらに急性期病棟等にも同様に新設されたが、この対象患者が「65歳以上の患者又は40歳以上の特定疾病を有する者」となっていることから、退院後に介護サービスを利用することが想定され、そこでの手続き、患者等への情報提供等に対する評価。

 慢性期病棟等退院調整加算1
  イ 退院支援計画作成加算  100点
ロ 退院加算(退院時1回)
 (1)療養病棟入院基本料等の算定患者が退院した場合    140点
 (2)障害者施設等入院基本料等の算定患者が退院した場合  340点
 慢性期病棟等退院調整加算2
  イ 退院支援計画作成加算  100点
ロ 退院加算(退院時1回)
 (1)療養病棟入院基本料等の算定患者が退院した場合    100点
 (2)障害者施設等入院基本料等の算定患者が退院した場合  300点


 急性期病棟等退院調整加算1    140点
 急性期病棟等退院調整加算2    100点



◆居住系施設等への訪問診療料等の見直し

 20年度の改定で、在宅への訪問診療料等とは別に居住系施設等入居者への報酬が別途新設された。今回の改定で、居住系だけでなくマンション等同一建物に居住する複数の患者宅に同一日に訪問診療等を行う場合もこちらの報酬を算定することになった。
 つまり、同一日に訪問診療等を行う患者が同一建物に1人の場合は在宅と同じ報酬を算定し、2人以上いる場合は「同一建物居住者」の方を“全ての患者に対して”(2人目以降ではない)算定することになる。医療保険の訪問リハビリ、訪問看護(医療機関)、訪問看護ステーションの場合、薬剤師等他の職種の場合も同様。

◆ 訪問看護に関する主な見直し
厚生労働大臣が定める疾病(週3回までの制限の対象外)の見直し
 下記の病名が追加された。

ライソゾーム病、副腎白質ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症、球脊髄性筋萎縮症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎

 この厚生労働大臣が定める疾病は、介護保険でいうと医療保険適用になる疾病と同じ。ということは少なくとも次期の介護報酬改定時には同様の改定(追加)が行われると思われる。

末期の悪性腫瘍等の利用者に対し、同月に訪問看護療養費を算定できるステーションを3ヶ所にまで拡大する。

特別訪問看護指示期間中に限り、同月に訪問看護療養費を算定できるステーションを2ヶ所にまで拡大する。

重度の褥瘡のある者を重症者管理加算及び在宅以降管理加算の対象に加える

複数名訪問看護加算の新設
 対象となる患者は下記のいずれか(介護保険と若干異なる)
 ①末期の悪性腫瘍等の利用者
 ②特別訪問看護指示期間中
 ③特別な管理を必要とする者
 ④暴力行為、著しい迷惑行為、器物破損行為等が認められる者
 


厚労省主催の診療報酬説明会資料
 
 厚労省は告示と同時に説明会を開催し、その資料並びに当日の動画をホームページでアップしている。
 説明会資料 ←クリックすると厚労省ホームページにアップされている資料にジャンプします(PDFファイル)。

 ★退院調整に関するページ 43、44
 ★地域連携パス  〃   48、49
 ★介護支援連携  〃   50、51
 ★同一建物訪問系 〃   94
 ★訪問看護    〃   121~123

スポンサーサイト
2010.03.24 Wed l 最新情報 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.03.25 Thu l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://pointwebsite.blog6.fc2.com/tb.php/214-db7afb64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。