上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日本介護支援専門員協会メルマガ第64号から~

●4●介護報酬改定に関するご質問について

★介護報酬改定に関して、会員の皆様からお問い合わせをいただいていますが、告示および通知が発出されていないため、現段階では正確にお答えすることができません。ご了承くださいますようお願いいたします。

★質問のうち依然として多いのが、居宅介護支援の特定事業所加算(Ⅱ)の算定要件の一つである「主任介護支援専門員等を配置し…」の「等」とはどの職種か、何を指すのか、というお問い合わせです。
 これは現段階でもお答えすることができます。

★一部誤解にもとづく報道等の影響もあるかと思われますが、この「等」は、主任介護支援専門員の受講要件を満たしていて、当該年度中に主任介護支援専門員研修を修了する予定のある人のことです。

★例えば、介護支援専門員が3人いる事業所のうち1人が、平成22年3月31日までに主任介護支援専門員になることが予定されていれば、平成21年4月分から特定事業所加算(Ⅱ)を算定できるということです。 (但し、年度内に主任にならなければ返戻になります

★また、特定事業所加算(Ⅰ)500単位、(Ⅱ)300単位は、その事業所の全利用者数に加算されます。例えば、加算(Ⅱ)は、事業所で1ヶ月に3,000円ではなく、100人の利用者がいれば3,000円×100人で30万円という加算です。

協会では、国・都道府県・都道府県支部と連携して主任介護支援専門員の受講希望者が1年以内に必ず研修を受けられる体制づくりに全力をあげているところです。
 このことについては、木村会長が12月26日の介護給付費分科会の諮問答申の際に強い要望を発言し、協会として交渉を続けています

 (メルマガ60号参照)

スポンサーサイト
2009.02.13 Fri l 最新情報 l COM(10) l top ▲

コメント

特定事業所の要件
現行の特定事業所加算要件では、「主任介護支援専門員が管理者である」ことになっていたかと思います。
4月以降の特定事業所加算は、Ⅰ、Ⅱとも、主任介護支援専門員の管理者要件ははずれたのでしょうか?
また、「主任介護支援専門員の他に2名」なのか、「2名のうち一人が主任介護支援専門員でも可」なのかどうなのでしょうか?
2009.02.13 Fri l ゆき. URL l 編集
ゆきさんへ
諮問書を見る限り、「管理者」というシバリは取れそうですね。ただ、あってもそんなに影響はないのでは?と思うのですが。

人数は、Ⅰは1+3、Ⅱは1+2との解釈のようです。
2009.02.17 Tue l ポイント. URL l 編集
管理者要件
お返事、ありがとうございます。
主任ケアマネが管理者か否かでは、特定Ⅱがとれない事業所もあると思います。
現に、私がつとめているところがそうです。
小さな地元の事業所なので、経営者=管理者=ケアマネをされています。他に、私ともう一人のケアマネで、1+2の要件は満たしていますが、管理者要件が加わると、算定できません。
2009.02.17 Tue l ゆき. URL l 編集
ゆきさんへ
まれにそういうところもあるかと思いましたが、ゆきさんところがそうですか!?

実態はそうでなくても届け出上だけ主任を管理者にすれば算定できるわけで、あまり意味がないからそんなシバリはやめたのかも?!
2009.02.17 Tue l ポイント. URL l 編集
どうなるでしょうね・・・
そうなんです。
「形だけ管理者」もありかな~と、ひとり悶々として推します。
正直、今の経営者=管理者=ケアマネは、それぞれの前に「なんちゃって」がつくいい加減な状態で、いつもひやひやしながら、行動を見ています。
管理者を交代する時は、なんだかめんどくさくなった、とも聞きますし・・・あまり気が進みません
2009.02.18 Wed l ゆき. URL l 編集
ゆきさんへ
「なんちゃって」はどこでも多いみたいです。

みんなでレベルアップしないと、結局はケアマネ全員が被害を被るんですが…

国に対する愚痴やイヤミを言うのもいいですが、同時にやるべきこともきちんとやって欲しいです。

ちゃんとやってるケアマネのみなさまは、これからもいろんな方面から応援していきたいです。
2009.02.18 Wed l ポイント. URL l 編集
ポイント様 ゆき様
「21年度改正通知案から」を拝見して、びっくり!主任CMは他業務兼任Okとの記載がありましたね。管理者でなく1CMとしての存在と主任CMとしての存在で兼務OKという意味ですか?うちも管理者は訪問看護サービスの管理者が兼務で担っています。訪問看護の24時間体制との兼務の現状を、どのように変えていくかで、もめている最中なので驚きました。管理者は今まで通り訪問看護の24時間体制も担ってほしいという気持ちです。加算の指定をする県民局は、兼務は不可と言いながら、やむをえない状況で訪問看護をすることはOKと言われており、見解もあやふやでした。常識的な判断をと言うのです。いったいどうしたら?と悶々としてます。県からの説明会がありますが、細かいところまで説明があるのか心配です。
2009.02.22 Sun l ゆみ. URL l 編集
ゆみさんへ
特定事業所加算Ⅰは、主任ケアマネ+常勤ケアマネ3人、同Ⅱは主任ケアマネ+常勤ケアマネ2人必要です。
訪問看護ステーションの管理者と居宅介護支援事業所の管理者を兼ねることは、法令上は可です。不可とする県は法令違反です。
ただ、現実の話、ステーションで24時間体制をとっていて、さらに居宅介護支援の管理者の兼務はキツイですよねぇ
2009.02.22 Sun l ポイント. URL l 編集
ポイント様
お答えありがとうございます。管理者要件でしたか。安心しました。私は居宅の管理者ではないのですが、事実上、管理者とのしての業務を担っています。兼務が可能という解釈は、とりようによっては、居宅でリーダーとして業務した上で、さらに訪問看護師としての業務をしても問題とならないのかと愕然としました。リーダー格といっても他スタッフと全く同様の業務で、限度近くまで担当者がいます。ひやひやしました(涙)。
2009.02.22 Sun l ゆみ. URL l 編集
ゆみさんへ
大変でしょうが、とにかく頑張ってください!

訪問看護、応援してます!
2009.02.23 Mon l ポイント. URL l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。