FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
◆ 一次判定の新ソフト  要介護・要支援状態区分の出現割合はほぼ現行通り

 厚生労働省「要介護認定調査検討会」が25日に開かれ、一次判定ロジックの変更を了承した。平成21年4月から新ソフトで一次判定が行われる予定。
 検討会では新ソフトを使用したモデル事業結果が報告された。

 【軽度変更率】 現行    → 全国平均:7.8% 標準偏差:2.7
         モデル事業 →  〃  5.0%   〃  2.2
 【重度変更率】 現行    → 全国平均:22.0% 標準偏差:4.4
         モデル事業 →  〃  13.3%   〃  2.9
※数字で見る限りは“平準化された”と言える。

 【二次判定での要支援2と要介護1の比率】
         現行    → 要支援2:51.4% 標準偏差:6.7
                 要介護1:48.6%   〃 :6.7
         モデル事業 → 要支援2:45.1% 標準偏差:6.5
                 要介護1:54.9%   〃 :6.5

 【要介護・要支援状態区分の出現割合】
         一次判定、二次判定ともほぼ現行と同等の結果
スポンサーサイト
2008.11.26 Wed l 最新情報 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。