上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
厚生労働省は、東日本大震災への対応として、介護保険に関する事務連絡を下記の通り発出した。
・自宅以外(避難所や避難先の家庭、旅館など)でも必要なサービスが受けられるよう各事業所等に協力を依頼する。

・災害時の定員超過利用が可能な介護保険施設など(短期入所生活介護、短期入所療養介護、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護、通所介護、通所リハビリテーション、特定施設入居者生活介護)について、介護報酬、人員、運営基準などは柔軟な取り扱いが可能。

・市町村判断による利用者負担、第1号保険料納付の減免措置を可能とし、これら減免措置額が一定以上に達した場合は特別調整交付金を交付する。

・介護保険の被保険者証を紛失した被災者について、氏名や住所、生年月日を介護保険施設や事業所に申し立てれば、被保険者証を提示したときと同様のサービスを受けられる。

・要介護認定について、認定審査会を開催できないなどの事情で既に申請している方に通常の認定を行えない場合、暫定ケアプランを用いたサービス提供を行うことができる。有効期間の満了前に更新申請ができない場合は、更新申請があったものと見なし、引き続きサービス提供を行うことができる。新規の要介護認定申請前にサービスを受けた被保険者については、市町村の判断で特例居宅介護サービス費などを支給できる。


・災害救助法の指定を受けた市町村から他の市町村に転入した方について、介護保険の被保険者資格認定を柔軟に実施できることとした。具体的にはこれまで済んでいた被災市町村と連絡が取れない場合、被災市町村で発行された被保険者証の確認や本人に対する聞き取りなどで認定を行ってよい。被災市町村と連絡が取れず、課税状況などが確認できない場合、確認できるまで保険料を付加しなくてもよいとした。

・東日本大震災で被災し介護サービスの利用者負担の支払いが困難になった方(災害救助法の指定を受けた市町村のうち被害が大きかった地域などに居住する方)に対し、5月までの介護サービス分について、5月末日まで支払いを猶予する。住宅が著しい損害を受けたり、収入が大きく減少した方などが対象。事業所は利用料を含む10割を請求することになる。
スポンサーサイト
2011.03.19 Sat l 最新情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
普段は介護保険関連の最新情報や私の考え等をつづっていますが、東北大地震の被害にあわれた方に、遠く離れた地から何もできませんが、何か勇気づけることができたらと思い、しかし、ネットをご覧になることもできない状態でしょうが、余裕ができた時にでもご覧いただけたら幸いです。


まずは、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

そして、家族の行方がまだわからない方、津波等で家が無くなった方、等々、心中お察し申し上げます。


TVで被災された方のインタビューを見ていると、「これからどうして生きていけばいいのか…」という声を聞きます。ほとんどのみなさんがそのように感じておられると思います。家も何も全て失ったわけですから、とても不安になるのは当然かと思います。

16年前に阪神・淡路大震災がありました。あの時は津波の被害こそありませんでしたが、民家等が密集した中で大規模な火災が発生し、同じように町全体が消滅し、同じようにみんな「これからどうして生きていけばいいのか…」と不安にさいなまれたわけです。

でも、たくさんの方の心温まるご支援のおかげで、そして何より被災された方々の「もう一度がんばろう!」という気持ちのおかげで、焼け野原になった神戸の町は元通りに戻りましたよ。

あの時のように支援してくれる方々はたくさんいますよ。
特にそのありがたさを肌で感じられた阪神・淡路大震災の被災者の方は、その恩返しに必ず支援してくれますよ。

だから気持ちを強く持って、もう一度立ち上がる準備をまずは心の中で始めて下さい。



地震から2日後でまだこんな言葉をかける段階ではないと思いますが、これを見る余裕ができた方から読んでいただければ幸いです。

私は、そしてみんなは、みなさんを応援しています。
できることは限られてますが、小さくてもできることをして差し上げたいとみんな思ってます。
あきらめないで下さい。希望は持ち続けて下さい。
2011.03.13 Sun l 個人的見解 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。