上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
4日の中医協・診療報酬基本問題小委員会で厚労省は、入院患者の円滑な介護サービスへの移行を促進するため、利用者が病院等へ入院した場合、医療機関がケアマネと早期の段階で連携した場合に、診療報酬で評価する案を示した。

21年の介護報酬改定で、利用者が入院した際に医療機関にケアマネが情報提供した場合、医療連携加算が新設されたが、今度は医療機関側も評価することにより、一層の連携を図ることが狙いと思われる。

今後、さらに具体的な案を示して詳細を詰めるという。



また、老健入所中のがん患者には、抗ガン剤の内服は医療保険(他医療機関)で認められているが、これを注射投薬も認める方向が示された。
スポンサーサイト
2009.12.07 Mon l 最新情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。